変態ゼミ

変態ゼミとは

変態ゼミのご紹介

変態ゼミは、「エロい知的好奇心を満たす情報マガジンサイト」として、主に男性に役立つ「アダルトでタメになる」情報をお伝えします。

変態ゼミでは、ナイトライフ情報やエロい体験談、恋愛ノウハウなど、男性がナイトライフを最高に楽しむために役立つ情報をご紹介しています。

変態ゼミでは、読者の男性がより一歩進んだエッチな遊びや体験を実現できるよう、ノウハウや実話を基軸とした情報をお届けします。

ナイトライフに関する総合的知識やノウハウを習得し、男性読者ご自身だけでなくお相手の女性に対しても最高に喜びを与えられる男性を目指して欲しいと思います。

変態ゼミというサイト名に込められた思い

変態ゼミというサイト名について、「ギャグですか?」と聞かれることがあります。

確かに、教育機関を指す「大学」に「変態」というワードを加えていることから、そのように感じる方もおられるかと思います。

変態ゼミは、全員ナイトライフを心から愛する編集メンバーで運営をしております。

この変態ゼミ編集メンバーは、元々充実したナイトライフを実現できるようなメンバーではありませんでした。

しかし、多額のコストをかけながら、時には悔しい思いをしながら、実践・検証することで情報やノウハウを習得し、今では充実したナイトライフを送ることができるようになりました。

そこで、ナイトライフを心から愛する男性に向けて、私達のように遠回りすることなくナイトライフを満喫するための情報を発信するために、この変態ゼミを企画・運営しております。

変態ゼミには、そんなナイトライフに関する情報やノウハウを学んでほしい(知ってほしい)という思いが込められています。

また、ナイトライフを通して女性にも喜ばれるテクニックやノウハウを習得して欲しいと思っています。

変態ゼミの情報元について

変態ゼミでは、真実と実行確実性の高い情報をご提供し、男性の皆様がナイトライフを楽しむための具体的なアクションに役立つ情報を御送りしたいと考えております。

そこで、一般男性からのヒアリングや専門書籍、WEB上の情報などから編集部メンバーの実体験を踏まえ確実性の高い情報をコンテンツ化し、読者の皆様へお届けしています。

いずれの情報にしましても、夢や希望、妄想で終わらせず、男性読者の皆様がナイトライフを充実できるよう実効性の高い情報をお伝えすることを目指しております。

変態ゼミで掲載する情報について

変態ゼミで掲載する情報は、18歳未満の援助交際や売買春、その他法律に反する性行為や性犯罪について肯定・助長するものではありません。

あくまで法律の範囲内で、また女性を悲しませたり他人の不利益となるような行為をすることなく、ナイトライフを楽しむための情報をお届けします。

変態ゼミ読者の男性の皆様におかれましても、そのような犯罪行為や他人を害する行為は決してしないようにしてください。

そのためにも、無理をすることなく、法律を犯すことなく、誰も傷つけることなく、男性が充実したナイトライフを実現できる価値ある情報をこれからも発信していきたいと思っております。

国内・国外を問わず女性の性被害の減少に少しでも貢献することが、変態ゼミのコンセプトの一つとなっております。

最後に変態ゼミ編集長からのご挨拶

いつも変態ゼミをご利用頂き、誠にありがとうございます。

少しばかり、私についてご紹介させてください。

私は、もう10年以上彼女を作っていません。

女性を好きになったこともありません。

その理由は、中学生から高校生までの恋愛体験にさかのぼります。

当時の私は、いわゆる「純粋な男の子」で好きな女の子ができると、

かなりのめり込んでしまうタイプでした。

まだ、10代そこそこだというのに、付き合うとすぐに「いつか結婚しよう」なんて口説き文句を真剣に発してしまうような、恥ずかしくなるほどピュアな男の子だったのです。

10代ながらも、真剣な恋愛でした。

しかし、付き合った女の子から浮気をされることが多かったのです。

本当に悲しかったです。本当に苦しかったです。本当に情けなかったです。

 

それから、私は彼女を作ったことはありません。

女性に恋愛感情を持ったこともありません。

恋愛は、コスパが合わないと思うようになってしまったのです。

デート代や女性と会う時間の確保、ギクシャクした時に要するストレス。

そんなコストをかけながらも、結局は裏切られる。

「俺は、世界一残念で恥ずかしい男だ…」

そう思うようになってしまったのです。

 

高校時代はバイトと恋愛に明け暮れていました。

勉強など一切しませんでした。

そのため、当時の私は大学受験の模試テストを受けても名前しか書けませんでした。

ふざけていたわけではありません。

本当に何も分からないのです。

そのため、現役で入れる大学はありませんでしたが、色々あり一浪することに。

おかげさまで、某有名私立大学に入学することができました。

 

私が入った大学では、元々真面目なお利口さん達が親元を離れ、

ハメを外すように恋愛を楽しんでいました。

私は、心の底から「恥ずかしいヤツ達だな」と思っていました。

恋愛なんてガキがするものだと感じるようになってしまっていたのです。

 

しかし、私にも性欲があります。

それから、彼女もいない私は性欲を満たすために風俗や出会い系サイト、ナンパに興じるようになりました。

これが、私がナイトライフにハマっていったきっかけです。

大学卒業までに関係を持った女性は、合計すると100人を超えていると思います。

色んなタイプの女性と出会い、色んなエロい女性と肉体関係を持つ。

そんな生活が大好きになりました。

その中で、女性と関係を持つ方法やノウハウが蓄積され、

コストを最低限に抑えて女性と肉体関係を楽しむ方法を習得しました。

 

そんな自慢話を友人や知人にしていると、

「俺にも教えてよ」と知りたがる男性が想像以上に多いことに気づきました。

彼らの多くは彼女がいるリア充でしたが、

ナイトライフには満足できていないという声が多かったのです。

そして、「こうしたら出会えるよ」「こうしたら女性と関係をもてるよ」と教えると、非常に感謝されたのです。

 

女性に裏切られ、女性を好きになれなくなり、性欲を発散させるために考え抜いて身に付けた「女性と肉体関係を簡単に持つことができるノウハウ」。

 

10代の悲しい恋愛経験から生まれたナイトライフのノウハウが、多くの男性に役立つ。

それならば、このノウハウを同士の男性に伝えていきたいと思い、この変態ゼミの企画案が生まれました。

 

ですが、一つ弁解させてください。

私は女性を悲しませることは嫌いです。

というより、他人に迷惑をかけることが嫌いなのです。

ですので、無理矢理女性に肉体関係を迫ったり、

自分本意なセックスは絶対にしません。

だからこそ、女性にも「出会って良かったな」と思ってもらえるように、

セックステクニックやコミュニケーション技術を日々実践しながら研究しています。

私には、もう10年以上彼女がいませんがそれでも幸せです。

恋愛よりも高い満足感を感じています。

それは、ナイトライフで性欲がいつでも解消できるからではありません。

 

一緒にベッドを共にする女性が、喜んでくれるからです。

一緒にベッドを共にする女性が、私を求めてくれるからです。

一緒にベッドを共にする女性が、ひと時だけでも私を愛してくれるからです。

一緒にベッドを共にする女性が、私に悩みを打ち明けてくれるからです。

一緒にベッドを共にする女性が、ありがとうと言ってくれるからです。

 

変態ゼミの読者の皆さんにも、

「ナイトライフを通して、ご自身だけでなく女性を喜ばせることができる男性」を目指して欲しいと思います。

そのために、編集部メンバーと共にこれからも有益な情報をお伝えしていきます。

>>サイトトップへ戻る